薬局

当院の薬剤師のお仕事を紹介します。

薬局業務

当院の薬局では、主に入院患者さまのお薬を取り扱っております。

外来患者さまのお薬
外来患者さまのお薬は、院外の保険薬局でのお受け取りとなります。お薬の必要な方は診察後に処方箋が発行されます。処方箋は会計時にお渡しいたします。

処方箋を受け取ったら
ご希望の保険調剤薬局へ処方箋をお持ちいただき、お薬を受け取ってください。お薬手帳をお持ちの方は処方箋と一緒に提出してください。


調剤(Fujitsu オーダリングシステム、TOSHO調剤連携システム)、服薬指導、医薬品の管理、医薬品情報提供、副作用情報収集、医薬品安全性情報の提供、注射薬調剤、抗がん剤無菌調製





    




 

   

 

 

画像:(上段左より)調剤・薬品鑑別・監査(下段左より)抗がん剤無菌調製・注射薬ピッキングシステム・薬品庫

 

チーム医療

当院では薬剤師がさまざまな職種と連携しチームで活動しています

  • ICT:感染対策チーム  

    医師(ICD)、薬剤師、看護師、検査技師、安産管理担当者が、ICTラウンドを定期的に実施しています。

  • NST:栄養サポートチーム

    毎週木曜日NST回診を実施。
    入院患者さまの栄養状態や摂食の問題点等を医師、薬剤師、栄養士、看護師、リハビリスタッフなどで対策を検討しています

  • 緩和ケアチーム

    入院患者さまの痛みや苦痛を和らげるため、医師を中心に看護師、リハビリスタッフ、栄養士、薬剤師で病棟へ行き、緩和ケアラウンドを実施しています。



学生実習の受け入れ

薬局では学生の実習受け入れを行っております。


  • 薬学生の薬学実務実習

    内服薬調剤、注射薬混合、患者さんへの服薬指導、医薬品情報収集・提供など病院薬剤師としての業務を実際に体験する参加型実習です。

  • 高校生インターシップ

    模擬調剤、機器操作等、病院薬剤師業務を体験することが出来ます。

  • 中学生マイチャレンジ

    調剤室、薬品倉庫、システム等の見学や機器の操作等の説明を聞くことができます。



市民のための講座の開催

市民公開講座
「サプリメントについて」「ジェネリックについて」「くすりの飲み方について」等
糖尿病教室 
「糖尿病治療薬について」


職員向け研修

医薬品安全研修、新人看護師研修、院内研究発表など

 

ジェネリック医薬品(後発医薬品)について

・当院ではジェネリック医薬品を積極的に使用するよう取り組んでいます。
・当院で採用しているジェネリック医薬品は約400品目採用です。
・院内の後発医薬品使用割合は約90%です。