看護部の紹介

看護部理念

患者様主体の最善のサービスを“心をこめて”実践します


基本方針

1. 患者さまの生命の尊厳と人権を尊重した、思いやりのある看護を提供します。
2. 患者さまの個別性を尊重した看護の展開とチーム医療を推進します。
3. 安全に関する感性を高め、医療安全の向上に努めます。
4. 自己研鑽に努め、自己の能力向上に努めます。
5. 病院経営改善に参画します。

 

 


総師長あいさつ

黒須病院は、栃木県の中部に位置するさくら市にある190床のケアミックス病院です。
大正6年に設立し、地域の医療のニーズに対応し発展し、100年の歴史があります。また「介護老人保健施設」「介護付き有料老人ホーム」「グループホーム」など関連施設を併設し「居宅介護支援」「訪問看護ステーション」もあり、『地域に密着した医療』を理念に、2次救急の受け入れと在宅支援に特に取り組んでいます。

看護部は、”思いやりの心“を大切に、”心をこめて“、医療・看護に携わり、地域住民の信頼と期待に応えられるよう努力しています。
看護の専門職として日々研鑚に努め「黒須病院でよかった」と思っていただける、温もりのある質の高い看護サービスを目指しています。
信頼を得られる看護部をめざして常に向上心をもち、平成27年にはクリニカルラダー教育システムを導入しました。院内教育プログラムや院外研修支援など、きめ細やかなプランで専門職としての育成に力を注いでいます。
看護師の平均年齢は若く、元気あふれる看護部です。保育園も併設しておりワークライフバランスを大切にすることができ、子育て中でも安心して働くことができます。
これからも「魅力ある」「やりがいのある」「働き続けられる」職場環境を目指して、温かく活気あふれる看護部組織を創っていきたいと思います。

2017年9月 
看護部総師長 米山 智恵美