外来・入院看護の紹介

各フロア別紹介

外来
外来看護師は一般外来と内視鏡・手術室業務を行っています。
患者様が「安全・安心」に診察を受けていただけるように心がけています。
糖尿病ケア・ストーマケア・訪問看護など困った時はいつでも対応いたします。お気軽に声をかけてください。

外来の一角には、フォトギャラリーがあります。地域の方々から寄せられた四季折々の写真が展示されています。ぜひ、一度ご覧下さい。お待ちしております。
 


4階病棟(療養型病棟)
4階病棟は療養病棟で、施設入所待ちの方や、医療処置があるために自宅退院が困難であり施設入所が困難な方等、余儀なく長期入院をされている方が多い病棟です。
療養上のお世話をさせていただくとともに、気分転換を図り、ADLの維持を目的にレクリエーションにも力を入れています。季節毎の行事を取り入れてみたり、ケアビクス等を行っており、患者様はレクリエーションの時間を楽しみにしています。患者様もスタッフも笑顔のあふれる病棟です。
5階病棟
5階病棟は、地域包括ケア病床17床を有し、整形外科・内科・外科を含む46床の混合病棟です。
地域包括ケア病床とは、急性期治療を経過し、症状が安定した患者様に対して、主治医・看護師・専従リハビリスタッフ・医療ソーシャルワーカーなどが協力して、在宅や施設への復帰支援を行う病床です。
地域包括ケア病床・一般病床を有する病棟として、入院中だけでなく退院後の生活も、患者様・ご家族と共に考え、スタッフ全員で心のこもった看護の提供を目指しています。また、患者様が満足できる看護が実践できるよう、新しい知識や技術を共有し、ひとつの目標に向けて一致団結することで、患者様が笑顔で退院できることが5階病棟スタッフ全員の願いです。
6階病棟
消化器外科、透析科治療が中心の急性期外科病棟です。
外科では大腸、胆石、胆嚢炎、甲状腺疾患の手術や、検査目的の短期入院、消化管出血や早期がんの内視鏡的治療、内視鏡的膵胆管造影検査、治療、炎症性疾患の治療を行っています。
最近は、悪性疾患再発や化学療法、緩和ケアを目的として入院する患者さんが増えており、高齢の患者も多いため、地域の病院として入院時より退院支援を行い在宅での生活への指導、調整に取り組んでいます。
入退院が多く、消化器の患者は検査や治療も多いので大変ではありますが、若いスタッフを中心に活気あふれる病棟です。
7階病棟
循環器内科・呼吸器内科を主とした内科急性期病棟です。
平成28年度より、心臓カテーテル検査・治療を始めました。
各科の特殊性を考慮し、検査や治療、また週末期を迎える患者さまとその家族に寄り添い、身体的精神的に最良の状態で入院生活が送れますよう、心からの援助を致します。