臨床検査科

臨床検査科では、患者様中心のより良い医療を実現するため、信頼性の高い検査情報を迅速に正確に報告できるよう検査の知識・技術の向上に努め安全・安心な医療の提供に取り組んでいます。
検査業務は生理機能検査と検体検査の2部門に分かれています。

生理機能検査部門

心電図・ホルター心電図・負荷心電図・肺機能・聴力・脳波・超音波(腹部・心臓・甲状腺・乳腺・頚動脈・下肢静脈)・睡眠時無呼吸・眼底・血圧脈波などの検査を行っています。

心電図検査
心臓の活動より生じる電気的変動を記録するもので、不整脈や虚血など、心臓に異常がないかを調べる検査です。通常の安静時心電図検査のほかに、運動をして心電図を記録する負荷心電図検査、24時間の心電図を記録するホルター心電図検査があります。
肺機能検査
肺機能検査は、肺の大きさ、気道の異常などの呼吸機能をみる検査です。基本的な検査として肺活量、努力性肺活量検査を行っています。
超音波検査
超音波を利用し臓器の状態を描出することができます。例えば、腫瘍・石灰化・心臓の動き具合、血管の詰まり具合、血流速度などをリアルタイムでみることができ、苦痛を伴わず検査を行うことが出来ます。当検査室では腹部、甲状腺、乳腺、頸動脈、下肢静脈、造影超音波検査などを行っています。
脳波検査
脳波検査は脳から生じる電位変動を頭皮上の電極から記録するものです。てんかん、脳腫瘍、脳損傷、脳血管障害の診断に際して有効な検査です。
血圧脈波検査
足と上腕の血圧比から、血管の硬さや狭窄を調べる検査です。動脈硬化を診断する際に有効です。
聴力検査・眼底検査
健康診断に必要な聴力検査、眼底検査を行っています。
睡眠時無呼吸検査
睡眠時の脳波、鼻呼吸、脈拍数、体動、SPO2(酸素飽和度)を記録・解析し睡眠時無呼吸症候群(SAS)の有無を調べます。

 



 



検体検査部門

検体検査は、業務委託によるブランチラボ形式で行っています。一般・血液・生化学・免疫・輸血・病理/細胞診・細菌など多くの項目を検査しています。365日24時間体制で運営され、高精度な検査データを迅速に提供できる検査体制を構築しています。
(一部の特殊検査・病理/細胞診・細菌検査は院外で検査を実施しています)

 

 

 

 

 


一般検査(尿・便検査等)
尿は血液が腎臓で濾過された老廃物で出来ています。尿検査では尿中の様々な成分(糖・蛋白・潜血など)や細胞(赤血球、白血球など)をみることで糖尿病や腎臓病など様々な病気や病態判断に役立ちます。
便検査では潜血反応を調べ、大腸がんの早期発見などの検査を行っています。
他にも、胸水、腹水、脳脊髄液などの検査を行っています。
血液検査
血液の中を流れている細胞(白血球、赤血球、血小板など)の数をみることで、貧血や炎症の程度の判断や出血傾向の判断などの検査を行っています。また形態を機器や顕微鏡でみて、ウイルス感染や血液の病気(白血病など)の判断をする検査も行っています。
他にも、止血異常や血管内の血栓の有無の可能性を調べたりする、血液凝固の検査も行っています。
生化学検査
血液を遠心分離して、自動分析装置で肝機能検査(AST、ALTなど)、腎機能検査(BUN、CRE、UAなど)電解質検査、脂質検査(TC、HDL-C、LDL-C、TG)、糖質検査(GLU、HBA1c)、蛋白質(TP、ALB)など至急検査では30分程度で結果を報告できます。
免疫検査
感染症検査(肝炎ウイルス、インフルエンザウイルス、HIVなど)
輸血検査
安全な輸血を行う為に必要な検査や、輸血用の血液製剤の適正な管理、供給を行っています。
細菌検査
一般細菌検査・同定・薬剤感受性検査・及び感染症迅速検査を実施しています。

 

スタッフ

病院職員 臨床検査技師:6名(生理機能検査担当)
ブランチラボ 臨床検査技師:4名(検体検査担当)

チーム医療との連携

●ICT (院内感染対策チーム)と連携し、院内感染対策で主要な菌の発生状況、薬剤耐性菌の分離状況の報告、感染ラウンドの参加など、院内感染の拡大防止のために活動しています。

●NST (栄養サポートチーム)に参加し、患者様のデータに基づいた栄養状態の評価を行っています。