医療安全管理室

医療安全管理室とは

医療安全管理室は、患者さまが安心して安全な医療が受けられるよう、医療事故を防止し、医療や看護の質を向上させることを目的として設置されました。
病院では、患者さまに実害を及ぼすことがないよう、診療過程にいくつものチェックポイントを設けるなどの仕組みを構築する必要があります。医療安全管理室は、多部署の連携や調整に、日々取り組んでいます。

 

具体的な活動内容

  • 医療事故防止対策を討議・検討し、対策の効率的な推進を図るために安全管理委員会を設置してます。安全管理委員会は、医療安全に関する決定機関です。
  • 院内で発生した予期せぬ状況や好ましくない事態を、報告書やラウンドで情報収集しています。
  • 提出された報告書から、患者さまに治療が必要となった事例や、直接影響は無かったものの危険が予想される事例を抽出し、再発防止のための対策を検討しています。
  • 定期的または随時、多職種による安全のためのラウンドを行い、危険回避に努めています。
  • 全職員を対象とした医療安全に関わる研修、及び新入職員研修、トピック研修等を実施して、安全意識の向上に努めています。
  • 医療安全のために必要な手順書、及び医療安全に関わる記録類の作成と管理などを行っています。
  • その他広報・啓発活動など

 

医療安全に関して、お気づきの点やご不明な点がございましたら、病院受付カウンターにお声かけください。

患者さま、ご家族の皆さまへご協力のお願い

医療安全管理室では、これまで報告された情報を基に、院内でさまざまな対策を検討してきましたが、時に、皆さまにご協力をお願いすることもあります。お名前の確認や入院時の履物、寝具のお願いなど、患者さまの安全のためにご理解ください。
また、危険の芽に気付かれた際は是非ご指摘頂き、更に安全で安心な病院を目指していきたいと考えております。ご協力宜しくお願いします。