整形外科

整形外科について

骨、関節、筋肉などの運動器の外傷、疾患全般を担当します。大学病院との連携をはかりつつ、地域ニーズに合わせて対応していきたいと考えています。常勤医は日本体育協会公認スポーツドクターを有しており、各種整形疾患に対して入院・外来加療が可能です。また手の外科専門医が外来診察を行っており、こまやかな診療が可能です。
県内の大学病院などとの連携により、手術後の患者様の転院の受け入れも積極的に行っています。


当院で診療する疾患
骨折・捻挫など四肢の外傷や 骨粗しょう症 、変形性関節症などの変性疾患まで多岐にわたります。

手の外科(外来診療のみ)

手の外科とは、いわゆる肩から下の部分、腕、肘、手首、指などの上肢全体を専門とする整形外科分野です。
「手」は複雑な人間のからだの中でも特に繊細な構造を持っています。手や指には繊細な知覚があり、複雑な情報のやり取りを脳との間に行っています。複雑な構造をした骨・関節とそれを取り巻く筋肉や腱、神経、血管がぎっしり凝縮されているため、ほんの小さな怪我でも、不自由な思いをされた方が多いと思います。

手の外科とは、従来の整形外科の分野から特に手の特殊性に精通し、様々な機能障害に対して外科的に取り組んでいる専門性の高い分野です。
手の外科は大きく二つに分けることが出来ます。急性期(一般的なケガ)の治療と慢性疾患(リウマチ・神経性疾患・変)形などの治療です。どちらも治療するにあたり実績の積み重ねによる経験と、この経験を基にした学術的な知識が無いと確実な治療は出来ません。

日本手外科学会の認定医師により、より正確に患者さまそれぞれの病気や怪我に対応しております。

※手の外科は毎週木曜日の午後、及び月2回木曜の午前、外来診療のみとなります。

骨粗しょう症について

骨粗しょう症は、鬆(す)が入ったように骨の中がスカスカの状態になり、骨がもろくなる病気です。骨がスカスカになると、わずかな衝撃でも骨折をしやすくなります。
骨粗しょう症は、がんや脳卒中、心筋梗塞のようにそれ自体が生命をおびやかす病気ではありませんが、骨粗しょう症による骨折から要介護状態になる人は少なくありません。
当院に骨折で入院される方で、高齢の場合、骨粗しょう症を合併していることが多くあります。

骨粗しょう症で一度骨折を経験した場合、次々と骨折する危険が増加します。例えば背骨の骨折を一度おこすと、1年以内に5人に1人が再び骨折をおこすといわれています。




検査と治療

当院では、骨密度の検査、レントゲン検査、血液・尿検査などにより、骨粗しょう症の検査が可能です。
また、薬を服薬する方法で治療することができます。現在使われている薬には、骨の吸収を抑える「骨吸収抑制剤」、骨の形成を助ける 「骨形成促進剤」、骨の栄養素である各種ビタミン(D、K)剤などがあります。

外来診察が可能ですので、お気軽にご相談ください。

整形外科スタッフの紹介

●非常勤医●

整形外科医 早乙女 紘一(さおとめ こういち)

◆出身大学:福島県立医科大学◆経歴:福島県立医科大学整形外科助手、大原総合病院整形外副部長、獨協医科大学整形外科教授◆専門:整形外科全般◆資格:日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会リウマチ認定医、日本整形外科学会脊椎・脊髄病認定医、日本リハビリテーション学会認定医、日本リウマチ学会専門医、病理解剖認定医、感染症コントロール医

 

整形外科医 長田 伝重(おさだ でんじゅう)

◆出身大学:獨協医科大学医学部◆経歴: 獨協医科大学整形外科教授、獨協医科大学日光医療センター整形外科教授◆専門: 整形外科全般、手の外科、肘関節外科、手足先天異常◆資格:日本手の外科学会専門医 、日本整形外科学会専門医

 

 

整形外科医 倉持 太郎(くらもち たろう)※予約のみ

◆出身大学:獨協医科大学医学部 ◆専門: 整形外科全般◆資格:日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本医師会認定産業医 

 

 

整形外科医 田中 浩史(たなか ひろし)

◆出身大学:獨協医科大学医学部◆経歴: 栃木県医師会 温泉研究所付属塩原病院、黒須病院、小山市民病院、獨協医科大学助手◆専門:整形外科全般、手の外科◆ 資格:日本整形外科学会専門医