睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群外来

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。
医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。
この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。

主な症状

寝ているとき
いびきをかく、いびきが止まり大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる、呼吸が止まる、呼吸が乱れる、息苦しさを感じる、むせる、何度も目が覚める(お手洗いに起きる)、寝汗をかく

起きたとき
口が渇いている、頭が痛い・ズキズキする、熟睡感がない、すっきり起きられない、身体が重いと感じる

起きているとき
強い眠気がある、だるさや倦怠感がある、集中力が続かない、いつも疲労感がある

検査と治療

当院では、外来診察または入院にて睡眠時無呼吸症候群の検査が可能です。また治療は外来にて行うことができます。初診の方は、診察可能な日についてお電話にてご確認ください。